読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CRUD Lab. Tech Blog

ギークス株式会社の沖縄開発拠点CRUDLab. (クラッドラボ)のIT技術(テック)ブログ。kintoneやAngularJSによる開発を行っています。

【kintone】ZapierでGoogleカレンダーをノンプログラミングで連携してみよう

kintone

1. 概要

ギークス株式会社CRUD Lab.のKUNISADAです!

ZapierでGoogleカレンダーをノンプログラミングで連携してみよう

ということで、ZapierでGoogleカレンダーのイベントをkintoneのカレンダーと連携します。 Zapierで連携すると、Googleカレンダーのイベントが、kintoneアプリへ自動的に同期されるようになります。 ノンプログラミングで簡単7分実装!

zapier.com

Zapierとは、各種Webサービスを連携できるハブサービスです。IFTTTと似たサービスですが、IFTTTよりも対応サービスが多く、細かく条件を設定できる点がポイント。無料で15分毎のチェックと、5Zap(連携の単位)まで使うことができちゃいます。

2. イメージ図

f:id:crud_lab_editor:20160210170627g:plain

  1. Zapierの画面からGoogleカレンダーの入力イベントをテスト(手動で連携) ※
  2. kintoneのアプリ(アプリ名:Googleカレンダー連携_テスト)の更新
  3. イベント反映の確認(詳細画面)

※ 本来連携の部分はZapierが15分毎に自動で行ってくれますが、 このイメージ図はテストなので手動連携している様子になります。

3. 準備

3-0 必要なもの

  • Zapierアカウント
  • Googleアカウント(Googleカレンダー)
  • kintoneアカウント

3-1 Googleカレンダーの準備

カレンダーにイベントが登録されていない場合は、事前にイベントを作成しておきましょう。 今回は、以下の赤枠のフィールドを連携対応させます。

f:id:crud_lab_editor:20160210164320p:plain

3-2 kintoneの準備

  • フィールド

Googleカレンダーと連動させるフィールドを作成します。 ※ Googleカレンダーの仕様に合わせて、「日時フィールド」を必ず使用してください。

フィールド名 フィールドコード 初期値 その他
イベントタイトル event_title -- --
場所 event_place -- --
内容 event_detail -- --
開始時刻 event_begins -- --
終了時刻 event_ends -- --

f:id:crud_lab_editor:20160210153106p:plain

  • 一覧設定(カレンダー)

アプリの設定 > 一覧の設定から、フィールドで設定した「開始時刻」を日付に、「イベントタイトル」をタイトルに設定します。

f:id:crud_lab_editor:20160210153116p:plain

3-3 Zapierの準備

STEP1:Zapierのアカウントを作成 (無料版ですぐに作成できます。)

STEP2:Exploreで「kintone」と検索

f:id:crud_lab_editor:20160210153125p:plain

STEP3:Googleカレンダーと連携を選択

f:id:crud_lab_editor:20160210153133p:plain

STEP4:Googleカレンダーのアカウント入力後、Trigger Fieldsを選択。

※ 自分のGoogleアカウントを選択。

f:id:crud_lab_editor:20160210153140p:plain

STEP5:kintoneのアカウント入力後、「3-2」で設定したkintoneのフィールドにGoogleカレンダーのフィールドを紐付けます。

f:id:crud_lab_editor:20160210153147p:plain

4. 完成!

Zapierの設定が完了すると、Trigger Testが行えます。

f:id:crud_lab_editor:20160210153155p:plain

Testボタン実行後、kintoneで作成していたアプリ(カレンダー一覧画面)を更新すると、 作成したイベントが同期されます。

f:id:crud_lab_editor:20160210153201p:plain

5. まとめ

Zapierを使ったkintone連携は他にも、

などなどがあるので、用途に合わせた連携ができちゃいます。嬉しいですね!